人気!タクシードライバーの詳しい業務内容とは?|Nurse Jobs In Tokyo
HOME>トピックス>人気!タクシードライバーの詳しい業務内容とは?

人気の転職先

タクシードライバーは人気の転職先です。理由が隔日勤務で休みが取りやすい…など様々です。今この瞬間にも、タクシードライバーに転職したいと考える方は多い事でしょう。しかし、ドライバーと言っても他にもトラックドライバーや、運転代行のドライバーなど様々です。では、タクシードライバーとトラックドライバーではどのように違いがあるのか、比較してみましょう。

どっちのドライバーがいい?

トラックドライバー

平均年収が割と高いという所が特徴です。また、選ぶ品物や目的により勤務地が変わる場合や、すでに大型免許を取得することが採用の条件の所もあります

タクシードライバー

隔日勤務が主で、休みが取りやすい所が特徴です。二種免許取得のサポートなどもあります。しかし、乗客を乗せることが仕事ですので、接客サービスはしなければいけません。

タクシー

基本となる日勤

車を運転するのが好きなら、タクシードライバーになると楽しく仕事できるかもしれません。お客様を目的地へ運ぶだけでよく、色々な地域を走ることができるのも魅力の一つです。いくつかの働き方がありますが、最も基本となるのが日勤です。朝から夕方まで勤務時間となっており、一般的なビジネスマンと同じような感覚で働くことができます。朝と言っても意外とタクシーを利用するお客様は多く、ビジネスマンを取引先の会社へ送り届けたり、高齢者を病院へ乗せていくなどニーズも様々です。明るい日差しのもとで勤務できるので、走りやすい上に勤務後の時間を有効に活用できるなど、メリットの多い働き方です。

稼ぎやすい夜勤

一方で暗くなってからタクシーを走らせる働き方を夜勤と言います。夜勤は夕方から深夜、もしくは夜明けまでを勤務時間とする働き方です。昼間と違って深夜割増料金がつくため、同じ距離を走る場合でも効率よく稼ぐことができるとしてタクシードライバーの間では人気です。お酒を飲んだ後の足として乗車する方や、繁華街へ遊びに行く方も多く、夜と言っても多くの利用者が期待できます。終電に乗れなかったお客様のように、長距離の利用も多い時間帯です。

隔日勤務で交代に働く

タクシー会社で働く場合、昼勤と夜勤を組み合わせたスケジュールを割り当てられるのが一般的です。これを隔日勤務と言い、間に休みを挟みながらローテーションで働き方を変えていきます。始めのうちは慣れないかもしれませんが、こうした勤務体系に上手く合わせるのがタクシードライバーを長く続けるためのコツと言えます。

広告募集中