転職を決めるなら!今すぐポートフォリオを作ろう|Nurse Jobs In Tokyo

ポートフォリオを作る

クリエイターの就職や転職の際にあると良いものがポートフォリオです。中には、ポートフォリオという言葉を聞いたことがあるけど、どのようなものかが分からないというかたもいる事でしょう。ポートフォリオとは、いわゆる作品集のようなもので、自分の仕事でのスキルなどをアピールすることが出来ます。面接時にポートフォリオがあるか無いかだけでも変わってきますので、制作を検討していた方は是非制作に取り掛かり、今ポートフォリオを知った方は制作を検討してみましょう。

ポートフォリオを作っていて良かった瞬間とは?

no.1

実際に採用をもらった時

1位はやはり、ポートフォリオを元に内定をもらった時と答えた方が多かったです。ポートフォリオは仕事でのスキルや出来る事をまとめた物ですので、やはり自分自身がしっかり評価されたと嬉しかったという方が多かったです。

no.2

作品を褒められた時

2位は実際に面接で作品を褒められた時という意見です。面と向かって作品を評価される事で、自分の自信につながったと語る方が多く、2位となりました。

no.3

指摘をもらった時

3位は1位2位に比べかなり少数意見になりますが、指摘をもらった時、という意見です。自分の作品の課題点を第三者に指摘してもらう事で頑張るべき事が分かったなどという意見が出ました。

人に自分をどう伝えるのか

デザイン

皆さんはポートフォリオはなぜ必要か考えたことはありますか。まず、ポートフォリオは自分が今まで使ってきた作品を1つのファイルやデータにまとめることを言います。つまり自分が手がけてきた作品の傾向や自分が得意な分野をアピールする集大成ともいえます。例えばイラストレーターになりたい人はどういうイラストを描けるのか、もしくは既に持っているスキルは何かを伝える必要があります。そしてポートフォリオは今までやってきた積み重ねでもあるので人にどれだけスキルを積んできたか、どれだけの作品を作ってきたか自分のしてきた努力を目に見てわかりやすい形で伝えることができます。そしてポートフォリオはただ作ればいいというわけではなく相手に何をアピールしたいのかで中身も変わってきます。

人と違ったものを作るには

デザイン

ポートフォリオは自分を表現する手助けをしてくれるツールです。そしてこれは100人いれば、100人分のポートフォリオがあるわけです。もちろん色んなポートフォリオを作ってくる人がいると思います。ここでライバルと差をつけるには、適切な作品量で見やすく、自分がなにが長所かを伝えることができるポートフォリオを作る必要があります。ポートフォリオはただたくさんあればいいというわけではありません。必要な数があり中身がある作品でなければ他との差別化はできません。

今後どう作っていくべきか

SKILL

まずはひたすら自分のアイディアや思いついたものを作っていくのがポートフォリオを良いものにしていく近道です。まずは数を作っていき、そのあとにいい作品や修正を重ねてより良いものにしていくのが良いでしょう。そして作っていく途中で自分が何が得意で、どういう考えを持っているのかを意識してみましょう。不思議と自分の考えや作品に傾向が出てくるはずです。華やかなデザインなのかそれとも見やすく内容が分かりやすいデザインなのか自分でもわかってきてポートフォリオにそれを活かせるはずです。

広告募集中